令和2年分の路線価等の補正について


令和2年10月28日に、国税庁より「令和2年分の路線価等の補正について」発表がありました。

令和2年分の路線価等を令和2年7月1日に公開した時点では、「今後、国土交通省が発表する都道府県地価調査(7月1日時点の地価を例年9月頃に公開)の状況などにより、広範な地域で大幅な地価下落が確認された場合などには、納税者の皆様の申告の便宜を図る方法を幅広く検討いたします。」と公表されており、それに対する報告という形になっております。

今回の報告では、

令和2年1月から6月までの間では、相続等により取得した土地等の路線価が時価を上回る(大幅な地価下落)状態は確認できなかったため、令和2年1月から6月までの相続等については、路線価等の補正は行いません。

と発表されました。

路線価等は、1月1日を評価時点として、地価公示価格等を基にした価格(時価)の80%程度を目途に評価していると言われています。今回の発表で国税庁は、都道府県地価調査及び国税庁が行った調査(外部専門家への委託)でも時価を上回る状況を確認できなかったとしています。

なお、令和2年7月から12月までの対応等については、後日、改めて発表されることとなっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です