令和元年分の秋田県の相続税の申告事績の概要


令和2年12月18日に、仙台国税局より令和元年分(令和2年11月2日までに提出された申告書データによる)の東北の相続税の申告事績が公表されました。

その中で秋田県と国税庁により発表された全国のデータを抜粋します。

項目 秋田県 全国
被相続人数(死亡者数) 15,784人 1,381,093人
相続税の申告書の提出に係る被相続人数 418人 115,267人
課税割合(②/①) 2.6% 8.3%
相続税の納税者である相続人数 820人 254,517人
課税価格 465億円 157,843億円
税額 49億円 19,754億円

 

課税割合は、全国の8.3%に比べて秋田県は2.6%と低くなっており、東北6県の中で最も低い数値です。ちなみに前年は、全国8.5%、秋田県2.6%です。

それから令和2年12月18日に、仙台国税局から「令和元事務年度における相続税の調査等の状況」が公表されています。

次回は、この「令和元事務年度における相続税の調査等の状況」について記載したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です